コロナ禍でのストレス解消方

ストレスは気づかないうちに溜まっていることが多いと思います。コロナウイルスが流行してからは、自粛生活を強いられ更にストレスが増えた方も多いかと思います。

今回はコロナ禍でのストレス解消方をいくつかご紹介します。

ドクタースティック

まず、コロナウイルスが流行する前はどのようにストレス解消をしていたのかご紹介します。私は旅行に行くことが趣味で、国内海外問わず、時間とお金に余裕ができたら旅をしていました。特に、近年ビーチリゾートにハマっており、沖縄・グアム・ハワイ・アメリカのロサンゼルスに行き、海を眺めながらのんびり過ごすことが一番のストレス解消方でした。しかし、コロナ禍においては、海外に行くことが難しくなり、また国内旅行もタイミングが合わず、行くことができておりません。多くの方が同じ想いをされていると思います。

外出することが難しくなり自宅で過ごす時間が増え、出かけられないストレスが溜まりました。そのような状況の中でも、ストレスを発散できるようなコンテンツが世の中にはたくさんあることを知りました。その中でも、特にYouTubeとゲームには助けられました。

まず、YouTubeは自分の趣味にあった動画を見つけることができたり、また、興味がなかったものでも見てみると新しい発見があって夢中になってしまったり、勉強ツールとして使えたり、いろんな世界を動画を通じて楽しむことができます。人と会って話す機会が減っている中でも、動画を見て心の底から笑えるものがたくさんあって、それがストレス解消に繋がっていると実感しています。

次に、ゲームは普段スマートフォンでしかゲームをしてこなかったのですが、この自粛期間中に話題になった任天堂のSwitchを購入しました。一人でも楽しめるし、仲間と一緒に楽しむことができるので、自宅にいても退屈せず過ごすことができます。ゲームの世界観に引き込まれ、集中しているのであっという間に時間が過ぎてしまいます。

コロナ禍において、今まで不自由なくできたことが制限されることでストレスに感じる方が多いですが、その中でも自分が今まで触れてこなかったものを新しく試してみることで、新たな発見になり、それが趣味となってストレス解消方につながると思います。